現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > トヨタ ヴェルファイアは、お一人様でも満足できるリーサルウエポン!?

ここから本文です
コラム 2017.1.6

トヨタ ヴェルファイアは、お一人様でも満足できるリーサルウエポン!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ ヴェルファイアは、お一人様でも満足できるリーサルウエポン!?
  • トヨタ ヴェルファイアは、お一人様でも満足できるリーサルウエポン!?
  • トヨタ ヴェルファイアは、お一人様でも満足できるリーサルウエポン!?
  • トヨタ ヴェルファイアは、お一人様でも満足できるリーサルウエポン!?
  • トヨタ ヴェルファイアは、お一人様でも満足できるリーサルウエポン!?
  • トヨタ ヴェルファイアは、お一人様でも満足できるリーサルウエポン!?

▲約700kmのロングドライブテストの相棒となったヴェルファイア。ハイブリッドのZR Gエディションという上級グレードだ

現行型の中古車が増加した今、その魅力を再検証

カーセンサー本誌12月号の特集『世界も注目する日本の中古車セレクション』で、ヴェルファイアがマレーシアで大人気であることをお伝えした。

現地ではヴェルファイアの他にも日本製ミニバン(それも日本から輸入した中古車)を数多く目撃したのだが、このミニバン人気の背景には、1台で家族全員が乗れる多人数乗車のニーズがあるのだと、現地の中古車販売店で聞いた。だが、高級ホテルや巨大ショッピングモール付近で、メルセデスやベントレーといった欧州高級セダンと並んでいるヴェルファイアを見たとき、「全然負けてないじゃん。むしろカッコいい」なんて、身びいき丸出しだが、素直に思ってしまったのだ。

日本でもヴェルファイアは兄弟車のアルファードと並び、価格&車格における国産ミニバンヒエラルキーの頂点に君臨し、かつファミリーカーやVIPの送迎車として大人気なモデルであることはご存じのとおり。2015年1月の登場からに2年近く経過し、現行型の中古車流通量もようやく増えてきたということで、その魅力を実際に乗って再検証してみることにした。

再検証のモチーフとして選んだのは、ハイブリッドのZRGエディション。2列目がキャプテンシートの7人乗りで、新車本体価格は税込550万1127円也(!)。VIP送迎向きのエグゼクティブラウンジ(ハイブリッドの新車本体価格は700万円超!!)の一つ下、通常仕様では最上級クラスに位置づけられる豪華グレードだ。試乗した個体は走行距離2万6000km台。市場に流通している同型の中古車の平均より若干距離が伸びており、やや過走行な部類に入る。

トヨタ ヴェルファイアの購入を考える前に、愛車の現在価格を調べる

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します