現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > トヨタ“ヨタハチ(S800)”復活は86では無理?S-FRで独自のFRスポーツ開発へ

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ“ヨタハチ(S800)”復活は86では無理?S-FRで独自のFRスポーツ開発へ

トヨタ“ヨタハチ(S800)”復活は86では無理?S-FRで独自のFRスポーツ開発へ
  • トヨタ“ヨタハチ(S800)”復活は86では無理?S-FRで独自のFRスポーツ開発へ
  • トヨタ“ヨタハチ(S800)”復活は86では無理?S-FRで独自のFRスポーツ開発へ
  • トヨタ“ヨタハチ(S800)”復活は86では無理?S-FRで独自のFRスポーツ開発へ
  • トヨタ“ヨタハチ(S800)”復活は86では無理?S-FRで独自のFRスポーツ開発へ
  • トヨタ“ヨタハチ(S800)”復活は86では無理?S-FRで独自のFRスポーツ開発へ
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

業界筋によると「86とは違う、トヨタ独自開発の新型FR(フロントエンジン・リアドライブ)車の開発を来年にも始める」という。

その対象となる車が、2015年東京モーターショーで世界初披露された『S-FR』だ。

ただし、トヨタは、S-FRのデザインコンセプトを基に量産化を目指すのではなく、86とガチンコ勝負するような車を目指すという。

こうした噂の前段として、2015年東京モーターショー開催時点で、大手自動車雑誌が『S-FRはすでに量産計画がなくなった』と書いていたことを思い出す。

筆者は東京モーターショーで、自動車ジャーナリストと巡る会場ツアーの案内役を努めているが、昨年のツアー実施中も「どうしてトヨタは、量産しない車を展示するのですか?」と、複数のツアー参加者からS-FRの今後について質問された。

60年代後半に青春を謳歌した団塊の世代にとって、S-FRはまさしく“トヨタスポーツ800の復活”に見えるだろう。

トヨタの広報資料にも『クルマを運転する楽しさを教えてくれるTOYOTAライトウエイトスポーツの系譜を継承』とあり、トヨタスポーツ800の流れを汲むことは明白だ。

となると、60年代のライバルだった、ホンダ S600が現在のS660へと系譜が継承されただけに、S-FRも軽自動車をベースとする可能性が考えられる。

だが、業界筋がいう『トヨタ独自開発の新型FR車』という表現では、『軽でS660と戦う』という議論にならない。

そう考えると、『86同等で、もっとFRらしいFRをトヨタ自身で作りたい』という文脈が見えてくる。

換言すれば、『86はスバルがBRZとして開発したものを、OEM供給してもらっている。それとは別にトヨタが開発し、トヨタの工場で生産するトヨタ独自のFRが必要だ』と・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2016/12/28 04:12

    違反報告

    軽自動車やコンパクトカークラスでもイカツイ顔付きをしている車が多い今、
    こういう顔もいいんじゃない?
  • mas*****|2016/12/27 23:22

    違反報告

    「小さいクルマを造るほうが難しい。」これは86のチーフエンジニアである多田氏かお聞きした話だ。日本国内ではマーケットが小さすぎて回収できないから、結局は海外でも売らないといけない。そのためには各国の規制や安全基準に対応する必要がある。ゆえに、理想とするボディの「5ナンバーサイズ」や「150万円程度の価格」さえ死守できるかはわからない。昔とは事情が違う。またも悪い噂が立たぬことを祈る。
  • ksk*****|2016/12/27 18:22

    違反報告

    はっきり言ってカッコ悪い。こんなの誰が買うんだ…?
    トヨタは実用車としての名車は造れるがスポーツカー、プレミアムカーとしての車は造れない。
    迷車、珍車造るのは得意みたいだが。
    昔からそうだが特にエクステリアに関しては最近益々迷走感が否めない。
    スポーツカーというカテゴリーを何か勘違いしてないか?このメーカー。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します