現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > マツダが4駆性能を世界一レベルへ“4WDのマツダ”にイメチェン図る

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダが4駆性能を世界一レベルへ“4WDのマツダ”にイメチェン図る

マツダが4駆性能を世界一レベルへ“4WDのマツダ”にイメチェン図る
  • マツダが4駆性能を世界一レベルへ“4WDのマツダ”にイメチェン図る
  • マツダが4駆性能を世界一レベルへ“4WDのマツダ”にイメチェン図る
  • マツダが4駆性能を世界一レベルへ“4WDのマツダ”にイメチェン図る
  • マツダが4駆性能を世界一レベルへ“4WDのマツダ”にイメチェン図る
  • マツダが4駆性能を世界一レベルへ“4WDのマツダ”にイメチェン図る
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

新型CX-5の4WDにツルツルの雪道で試乗したら「ついに世界一のレベルまで来ましたね!」と感心した。

マツダ車には4WDというイメージもあまり無く、CX-5のような「いかにも4WD」らしいスタイルを持つSUVですらFF比率が驚くほど高い状況にある。実際、スカイアクティブ世代になる前のマツダ製4WDは、見るべき点などなし。

今回の試乗会も従来の4WDを比較車として用意してあったけれど、見事にダメな見本という感じ。少しでも条件悪くなると、容易にスタックしてしまう。興味深いことにマツダは自社の新世代4WDのことを『AWD』と称している。

従来のダメな4WDシステムと同じ名称で呼びたくないのだろう(4WD=4輪駆動。AWD=全輪駆動。同じ意味です)。

具体的にマツダ4WDのどこが優れているのか?

圧倒的なのは駆動性能である。マツダがi-ACTIV AWDと呼ぶ4WDシステムでは驚くべきことに30個近いセンサーを持っており、車両がどんな状況にあるのか常時判定している。

例えば気温が低く、ワイパーを動かしており、登り坂なら「いつ滑ってもおかしくない状態なので4輪に駆動力を伝えておく」といった制御を行う。

さらにハンドル切った状態にあり、少しでもスリップを検出したら「相当の確率でスリップしますね」と自動で判定。こんな時は、即座に適正な駆動力配分&エンジンの出力制限など行い、滑らないような方向に持って行く。いろんな雪道で試乗すると・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mam*****|2016/12/27 11:09

    違反報告

    マツダは嫌いじゃないが、エンジン横置きベースの4WDって後輪への伝達が不自然な感じで好きになれない。
    国産4WDなら水平対向のスバルでしょ。
  • hok*****|2016/12/27 11:30

    違反報告

    アウディ、スバル、ジープ、ランクルだろうとツルツル路面だとそもそも制御がきかないのでタイヤの性能に頼りっきりになるんだけどね。
    そんな中でもあえてマツダは選ばないが。
  • miy*****|2016/12/27 11:22

    違反報告

    おいおい、今更だな。
    ずっと燃費しか考えないでFF重視、4WDの設定なんて一種類あるかどうかだったのに。雪国なんて見捨ててやがる、バカにしやがってと思ってたわ。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します