現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > シルビアや180の復活はないのか?日産が86やスープラに続かないワケ

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シルビアや180の復活はないのか?日産が86やスープラに続かないワケ

シルビアや180の復活はないのか?日産が86やスープラに続かないワケ
  • シルビアや180の復活はないのか?日産が86やスープラに続かないワケ
  • シルビアや180の復活はないのか?日産が86やスープラに続かないワケ
  • シルビアや180の復活はないのか?日産が86やスープラに続かないワケ
  • シルビアや180の復活はないのか?日産が86やスープラに続かないワケ
  • シルビアや180の復活はないのか?日産が86やスープラに続かないワケ
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

「我々自身がビックリしていますよ」

日産関係者の多くが、新型ノートの月間販売台数第一位(2016年11月期)に驚いた。軽自動車を含めると日本国内販売車のなかで、日産が月間トップの座についたのは、今回が初めてだ。

新型ノート販売好調の理由は、もちろん『e-POWER』である。日産にとってe-POWERは、『オートパイロット』と共に、次世代日産の象徴的存在。その第一弾となるノートが失敗するワケにはいかない。

筆者は日産関係者に「やはり、(レンジエクステンダーなどの一般的な技術用語ではなく)これはe-POWERです、とハッキリ言い切ったマーケティング戦略を貫き通したことが、この結果を生んだのでしょうね」と、ウインクした。

そう話しながら、筆者の脳裏では“シルビア完全封印”の文字が浮かんだ。

当面は日本専用車として登場した新型ノートe-POWERは、その先進性と経済性を求めて、『シルビア的なスポーティカー』の潜在的な顧客がドッと流れてしまったように感じたのだ。

ノートe-POWERとシルビアを同じテーブルの上で語るのは間違っている。そう思われる読者は大勢いると思う。

だが、80年代後半から90年代にかけて、S13が愛車だった者として、また2002年のS15生産中止後も、事ある毎に「シルビア復活はいつか?」という類の原稿をさまざまな自動車雑誌に寄稿してきた者として、シルビア復活の動きに対して直感は効くと、勝手にそう思っている。

まあ、現実的な話をしてしまえば、日産の関係各位からこれまで『シルビア復活』の可能性について、さまざまなシチュエーションで意見交換してきた。そのなかで、日本国内販売に対しては日産側の・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rea*****|2016/12/23 19:37

    違反報告

    フェアレディもGT-Rもいまだに世界に誇れるレベルで売り続けてるんだから充分すごいと思う
    トヨタみたいに他社に作らせたり他社エンジン乗せて我が物顔で売るよりわね。
    スカイラインは残念になってしまったけど。
  • ilo*****|2016/12/23 19:19

    違反報告

    簡単に言えば、私ら40代は車、スポーツカーを持っていないと女の子に振り向いて貰えなかった時代。彼女がいなくても、スポーツカーを持っていれば優越感に浸れた。しかし今は、車よりも携帯ゲーム。車自体売れにくいのに、スポーツカーなんて余計に売れる訳ない。トヨタは放っておいても売れるから、余裕あるからスポーツカーも作れる。車業界自体氷河期なのではないでしょうか?
  • key*****|2016/12/23 18:58

    違反報告

    ゴーンへの上納金確保が最優先

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します