現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です

ここから本文です
コラム 2016.12.14

現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です
  • 現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です
  • 現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です
  • 現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です
  • 現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です
  • 現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です
  • 現行Cクラスワゴンがついに300万円台突入ということで、そろそろ本気を出してみるお時間です

▲旧型を大きく上回る出来の良さで大人気の現行メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン。その中古車相場もやっと微妙に下がってきて、ちょうどいい頃合いになってきました!

大人たるもの、ある程度は「いい物」を身に着けたい

若い時分というのは身なりや車などに大したお金をかけずとも、それなりに「いい感じ」に見えるものだ。そこらでテキトーに買った安いTシャツを着てオンボロ中古の国産小型車か何かに乗り込むだけで、なんとなくいい感じである。しかし中年世代になってからそれと同じことをすると、「いい感じ」ではなく「かわいそうな感じ」に見えてしまう恐れが多分にあるため、筆者のような中年世代は、身なりや車などにある程度はこだわるべきだと思っている。どの程度こだわるかは、もちろん人それぞれだが。

そういった理由により、いわゆる大人はそれなりにシュッとした車に乗りたいわけだが、個人的に今最もシュッとしてる車の一つではないかと思うのが、現行メルセデス・ベンツCクラスワゴンだ。

さほど説明の必要はないと思うが、Cクラスというのは、以前のメルセデスの中では「最もコンパクトなエントリーグレード」的な位置づけだった。しかし近年はよりコンパクトなAクラスやBクラスも誕生し、しかも「Aクラスのセダン」や「AクラスのSUV」といったものも登場してきているため、最近のCクラスは「なかなか立派なミドルクラス」ぐらいのポジションに格上げされている。そして現行Cクラスワゴンというのは、14年10月に登場したその最新世代だ。車自体の出来がすこぶる良いことは、すでに各媒体などを通じてご存じかと思う。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します