現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る

ここから本文です
コラム 2016.12.7

もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る
  • もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る
  • もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る
  • もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る
  • もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る
  • もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る
  • もしも息子または娘の「親離れ」が発生したなら、父は黙ってBMW 1シリーズクーペに(100万円台で)乗る

▲週末は必ず家族揃ってミニバンでお出かけ……というのもステキですが、もしも我が子が親の車にあまり乗りたがらない年頃になったなら、いっそこんなBMWに買い替えてみるのはどうでしょう?

親離れの時期は「一人の男」に戻るチャンスでもある

我が子が心の底から「パパ大好き!」と言ってくれる期間というのは、思いのほか短いものです。ある程度の学年ともなれば、男の子は親ではなく同性の友人とのアクティビティを断然優先するようになりますし、女の子はパパの洗濯物を割り箸でつまむようになるか、もしくは一切まともに口を利いてくれなくなります。

それはもちろん大変寂しいことではありますが、逆に考えれば「父親という(ある意味)窮屈な立ち位置から解放され、一人の男としての時間を取り戻すチャンス」であるのかもしれません。

それを契機にぜひ様々な「自分」を取り戻していただきたいものですが、もしもあなたが「そういえば俺、若い頃はずいぶんと車が好きだったよなぁ……」という感じで遠い目をしながらミニバンのハンドルを握っているのであれば、ここらで一つ「車で駆け抜ける歓び」ってやつをもう一度取り戻してみるのはいかがでしょうか?

その際、今お乗りのミニバンに替わる車種として様々な候補が考えられますが、さしあたって大いに推したいモデルの一つがBMW1シリーズクーペです。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します