現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > マツダ 日本市場に3列多人数SUVのCX-6をミニバンの後継として2017年後半に投入か

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ 日本市場に3列多人数SUVのCX-6をミニバンの後継として2017年後半に投入か

マツダ 日本市場に3列多人数SUVのCX-6をミニバンの後継として2017年後半に投入か
  • マツダ 日本市場に3列多人数SUVのCX-6をミニバンの後継として2017年後半に投入か
  • マツダ 日本市場に3列多人数SUVのCX-6をミニバンの後継として2017年後半に投入か
  • マツダ 日本市場に3列多人数SUVのCX-6をミニバンの後継として2017年後半に投入か
  • マツダ 日本市場に3列多人数SUVのCX-6をミニバンの後継として2017年後半に投入か
  • マツダ 日本市場に3列多人数SUVのCX-6をミニバンの後継として2017年後半に投入か
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

マツダは2017年の東京モーターショーに『CX-6』と呼ばれる3列シートSUVを出すようだ。今や日本市場の売れ筋は、コンパクトカーとSUV、そして3列シート車といった状況。そんな中、マツダはMPVもビアンテもプレマシーも絶版とし、次期型の開発を行っていない模様。

加えて最近ヨーロッパで3列シートSUVの需要が増えており、プレマシーの次期モデルも必要になってきたのだろう。さらに「3列シート車を作って欲しい」と新興国からリクエストされているとのこと。

そんなこんなで巨大なボディを持つCX-9より一回り小さい3列シート車が必要になった。

ベースとなるのは、来年2月に日本でも発売が開始される新型CX-5になるようだ。中国で販売されているCX-4ベースという情報もあったけれど、3列目のシートを確保しようとしたらボディ後半の作り直しが必要。

加えてヨーロッパ市場を考えればハンドリングも重視しなければならない。当然ながら新しい世代のスカイアクティブしかないだろう。

マツダというメーカー“ヨーロッパでクルマを売るなら妥協しない!”という意地を持つ。利益確保を優先にしている中国市場と違う対応です。ただ新型CX-5のまま3列目シートを設定したって使い物にならない。実際、スポーツカーの後席のような狭いシートだと・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します