現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > トヨタが実質新型車導入ゼロ!?今年の国産新型車は軽含め8車種、なぜ少なくなったのか

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタが実質新型車導入ゼロ!?今年の国産新型車は軽含め8車種、なぜ少なくなったのか

トヨタが実質新型車導入ゼロ!?今年の国産新型車は軽含め8車種、なぜ少なくなったのか
  • トヨタが実質新型車導入ゼロ!?今年の国産新型車は軽含め8車種、なぜ少なくなったのか
  • トヨタが実質新型車導入ゼロ!?今年の国産新型車は軽含め8車種、なぜ少なくなったのか
  • トヨタが実質新型車導入ゼロ!?今年の国産新型車は軽含め8車種、なぜ少なくなったのか
  • トヨタが実質新型車導入ゼロ!?今年の国産新型車は軽含め8車種、なぜ少なくなったのか
  • トヨタが実質新型車導入ゼロ!?今年の国産新型車は軽含め8車種、なぜ少なくなったのか
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

「日本車が元気ないなぁ」。

今年の1月から10月まででみると、国内発売された国産メーカーの軽を含めた新型乗用車(マイナーチェンジ/一部改良を除く)は、たったの8車種。世界販売トップをVWと競うトヨタですら、ダイハツ開発のパッソこそあったが、実質自社開発車はゼロ。日産も新型セレナを発売したが、新型車の国内導入は実に2年半ぶり。昨年まで数多くの新型車を導入してきたホンダも今年は超高級スーパーカーのNSXとフリードの2車種だけ。

なぜ、そうなってしまったのか?

第一の理由は、日本国内市場がミニバンと軽自動車への偏重が進み、売れる車としてのモデルバリエーションが減ったからだ。

ミニバンでは、日系ビッグ3(トヨタ、日産、ホンダ)が互いの動きをけん制しながら新車導入を目指す。だが、箱型ボディによる居住性や使い勝手の開発は、そろそろ“ネタ切れ”の状況だ。

一方で、軽自動車は、ビッグ2(ダイハツ、スズキ)に対して、Nシリーズ投入で近年のシェア拡大が目立つホンダを加えた三つ巴。そのなかでモデルラインアップは、トールハイト系での戦いが一巡。その結果、ハスラー vs キャスト、ラパン vs ムーブキャンバスなど、派生モデルでの局地戦が目立つ。だが、燃費争いでは660ccエンジンとして技術的にそろそろ限界が見えてきた。

こうして、商品としての頭打ち感が強いミニバンと軽自動車では今後、斬新的な新車が生まれる市場基盤が・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します