現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定

ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定
  • ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定
  • ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定
  • ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定
  • ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定
  • ついにレクサス新型LSはミラーレス車で登場!ドアミラーはオプション設定
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

本来ならレクサスのフラッグシップにならなければいけないLSながら、すでに主力市場のアメリカでも開店休業状態。考えてみればトヨタはレクサスというブランド立ち上げにあたり、第1弾となるLSを背水の陣で開発した。従来のトヨタ車と全く違う生産方法や部品精度を追求したのである。

結果、ベンツやBMW、ジャガー、キャデラックなど世界中の自動車メーカーを驚かせ、慌てさせた。

しかし、今のレクサスのラインナップを見ると、トヨタ車に豪華な内装を付けて厚化粧しただけ。アメリカでこそ何とかビジネスになっているものの、本国である日本は車種を大量投入しながら伸び悩む。

クルマとしての性能や、本物の上質感が重視される欧州市場など全く評価されず相手にされていない状況。フラッグシップであるLSだって、全く売れない失敗作にも関わらず(特にハイブリッドのLS600はアメリカで月販一桁という厳しさ)、10年間フルモデルチェンジしなかった。

さすがにトヨタも問題だと考えていたのだろう。初代LS400をお披露目したデトロイトショーで2017年秋に発売予定の新型LSをアンベールするそうな。

全体の雰囲気は昨年の東京モーターショーでデビューした『LF-FC』になるという。もちろん燃料電池搭載モデルの発売は当面無し。

驚くべきがボディサイズの大型化!

何と現行モデルより一回りも大きくなり、ベンツSクラスやBMW7シリーズ、ジャガーXJと並べても・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kon*****|2016/11/04 02:03

    違反報告

    レクサスはトヨタ車とコンセプトが違います。厚化粧したトヨタ車なんて、全然違う。欧州では全然評価されていないなんていうけど、今年の上半期のレクサスの欧州販売実績は前年比116%の約3.6万台でシェアは伸びています。それにレクサスはチャレンジャーです。評価はこれから築いていくものなんです。日本人でありながら後ろから弓を引くような批判はするべできはないでしょう。
  • chi*****|2016/11/02 12:59

    違反報告

    酷い文章と内容だと思ったら、国沢でした。納得。
  • pow*****|2016/11/02 13:30

    違反報告

    ミラーレスも欧州車が導入したら、カッコイイとか言うんだろうな。
    シーケンシャルもそうだった。国産がやると、ヤンキーとか叩くくせに同じことを欧州車がやったらオシャレとか言う。要は本質を見ているのではなく外見(エンブレム)しか見えないということ

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します