現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ホンダS660をモデューロでフルチューン!走りの違いをみた!

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダS660をモデューロでフルチューン!走りの違いをみた!

ホンダS660をモデューロでフルチューン!走りの違いをみた!
  • ホンダS660をモデューロでフルチューン!走りの違いをみた!
  • ホンダS660をモデューロでフルチューン!走りの違いをみた!
  • ホンダS660をモデューロでフルチューン!走りの違いをみた!
  • ホンダS660をモデューロでフルチューン!走りの違いをみた!
  • ホンダS660をモデューロでフルチューン!走りの違いをみた!
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

オートックワン編集部にやってきたホンダ S660を、Modulo(モデューロ)カスタマイズでかっこよくしちゃおう企画、第6弾!今回でいよいよ最終回だ。

今回はせっかくModuloとのコラボレーションでカッコよくなったんだから、いつまでもピカピカで乗り回したい!ということで、最終仕上げとしてコーティングを施すことにした。

S660用に選んだのは『ウルトラグラスコーティングNEO』。撥水タイプのガラス系コーティングで、水ハケがよく、水の球がコロコロと流れ落ちるような仕上がりが特徴だ。

しかもこの『ウルトラグラスコーティングNEO』、S660乗りにとってはちょっとトクベツなモノ。

S660は発売当時、『コンセプトエディション』というコンプリートカーが限定で販売されたのだが、それに標準装備されていたのがこの『ウルトラグラスコーティングNEO』だったのだ。

ホンダ技研工業の八千代工場にてこの『ウルトラグラスコーティングNEO』をなんと、一台ずつ施工してから出庫させていたという、伝説のコーティングなんである。

さて、実は兄弟連載である『ホンダの大人気ミニバン、ステップワゴンをホンダアクセスの純正カスタマイズでかっこよく、使いやすくしてみよう企画』では、また別のコーティング剤を施工してもらったので、そちらも是非参照して欲しいのだが、このふたつのコーティング剤には違いがある。

ステップワゴンのほうに施した『プレミアム グラスコーティング ハイドロフォビック』は撥水タイプのガラス系コーティングながら、滑水性の高いもので、ガラス被膜の中に“撥水基”という素材が入っている(1層)ためにサラサラと水が流れるのが特徴なのだが、S660に施した『ウルトラグラスコーティングNEO』はガラス被膜の上に撥水剤が乗っている(2層)のだそうで、それぞれに特性が異なり、仕上がりも差のある感じになった。

S660のほうがいわゆる「コーティング」をイメージする人が思い浮かべるであろう・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sot*****|2016/10/19 21:06

    違反報告

    サスペンション交換により、欧州高級スポーツカーのような走りに!…では、いまいちわからん。読んでもあまりピンとこない。ガチガチのスポーティなのか、優雅なクーペなのか。もう一歩具体的な例を挙げてほしい。
    うちの隣人のアコードはモデューロ印満載のフルエアロでいかにもって感じがするがこの車のエアロは控えめ…?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します