現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?

マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?
  • マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?
  • マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?
  • マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?
  • マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?
  • マツダ新型ロータリー搭載車「RX-9」開発にGO!価格は約800万円に決定との真相は!?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

お盆明け、ネット上では「RX-9、マツダ役員会で承認」という噂が一気に流れた。

価格についても「約800万円」という具体的な数字が、まことしやかに出回っている。「火のない所に煙は立たぬ」ということで、近いうちにマツダから何らか動きがあるのかもしれない。

周知の通り「RX-9」の原型は、2015年の東京モーターショーに出現した「RX-VISION」だ。ネタ薄だった同ショーのなかで、最も目立っていたコンセプトモデルである。

筆者は、モーターショー開催期間中のオフィシャルガイドツアーに、日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)の一員として参加したが、ツアー中のメインイベントでツアー参加者が大興奮したのが「RX-VISION」展示舞台の上に乗って目の前で同車の写真を撮ることだった。

パワートレインについては、「SKYACTIV-R」の開発が進んでいる。2012年に「CX-5」から量産されたSKYACTIVシリーズにおいて、ディーゼルの「D」、ガソリンの「G」に次いで「R」の研究が進んでいることを、SKYACTIVの生みの親、人見光夫(ひとみみつお)氏は2年ほど前から、メディア向け意見交換会などで明言している。

同氏は現在、技術研究所パワートレイン開発総合制御システム開発担当の常務役員だ。

2015年東京モーターショーから約9ケ月、国内や海外の営業/開発部門、さらにディーラーやディストリビューターからの声を集約。

そして「SKYACTIV-R」の量産体制に目途がたち、マツダラインアップが第七世代を迎えようとしているこのタイミングで「RX-9量産にGO」が・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tak*****|2016/08/25 12:15

    違反報告

    ロータリーは良いエンジン間違いない
    レシプロの方が進化してるけど良いエンジン
    ただ高すぎる800万円のロータリーなら3ローターぐらいにならないと
  • jam*****|2016/08/25 12:39

    違反報告

    観音開きのドアはもう要らない
  • sa2*****|2016/08/25 12:26

    違反報告

    コンパクトなはずのエンジンを収めるのに不要なまでのロングノーズデザイン。
    RX-VISIONみたいな必然性のないコケ脅しの車にするのかどうか興味津々です。

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します