現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!

荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!
  • 荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!
  • 荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!
  • 荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!
  • 荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!
  • 荷室は最大でテニスボールが12000個も!メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス ワゴン」6代目がデビュー!
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

メルセデスが最初の「エステート」を発売してから、今年でちょうど50周年を迎えた。その記念すべき年にあわせるかのように、お膝元のシュトゥットガルトでメルセデス・ベンツの中核を担う「Eクラス」のステーションワゴン版である「Eクラス・エステート」を発表した。

会場に選ばれたのは、シュトゥットガルトの小高い丘の上にある歴史あるテニスクラブだ。この日はまさに、ATPシリーズの中でも歴史ある試合が開催されており、今季は怪我で悩まされているものの、長らく男子テニス界の頂点の一角を占めるロジャー・フェデラーが復帰する公式戦としても注目を集めていた。

その名も、“メルセデス・カップ”である。

そんな風に世界中の注目を集めるフェデラー選手が、なんと「Eクラス・エステート」のアンベールに駆けつけたのだ!男子テニスのイケメン好きの私としては、過去にラファエル・ナダル選手やアンディ・マレー選手のインタビューを取るといった役得とも言える仕事をさせていただいているのだが、インテリジェンス漂う雰囲気のフェデラー選手は恐れ多い気がして、なかなか近づけずにいた。

それだけに、Eクラス・エステートの発表会で目の前にフェデラー選手が現れたときには、新型車のアンベール以上に興奮してしまった。

得意のグラスコートでの復帰にかける意気込みやいかに?…といった報道はテニス専門誌にお任せして、今回の主役である「Eクラス・エステート」に話を戻そう。

はじめにマーケティング部門を統括する役員であるオラ・ケレニウス氏が登壇し、SUV全盛の時代にあえてステーションワゴンを発表する意味をプレゼンしてくれた。

「ドイツ本国で今年4月に発売した【Eクラス】は、お客様に大変な好評を得ており、ドイツだけで13万人もの方が販売店にいらっしゃっています。一方で、世界的に人気が高まっているSUVセグメントは、メルセデス・ベンツでも好調で、今年すでに46.8%もの増加というデータが出ています。しかしながら、ヨーロッパをはじめ、成熟した市場においては、エステートの需要はまだまだ根強いものがあります。ヨーロッパをはじめ、成熟した市場では、エステートに対して根強い需要があります」

同社では、「Eクラス・エステート」を父であり、母である方々に向けて発信するモデルと位置づけている。SUVを選ぶ人ほどアウトドア志向ではないものの、休日に家族とともにスキーやキャンプを楽しむ余裕のある人たちをターゲットに・・・(続きは、以下のリンクをクリックして下さい)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します