現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた
  • 進化&複雑化する自動車テクノロジー、「用語」について考えてみた

carview! スペック紹介より

理解しやすく、誤解しにくく、比較しやすく

表記といえば、クルマの最高出力と最大トルクの表記には、現在JIS規格に基づく「ps」「kgm(kgf・m)」と、SI(国際単位系)に基づく「kW」「Nm」が混在している。メーカーのカタログでは「kW、Nm」が用いられ、補助的に「ps、kgm」が使われているが、自動車メディアでは依然として「ps、kgm」のほうが主流。確かに「ps」と書いて「ばりき」と読むほうが馴染みがあるし、使い慣れた「ps」なら数字からその実力を想像しやすい。280psといえばどれくらいの力強さか思い浮かべられるが、同じ出力でも209kWだとイメージが沸かないように。だが、HV、PHV、EVなど、電力でモーター駆動するクルマの場合には「kW」のほうがすんなりくる気も。電気製品で使い慣れているというだけの理由だが。

かつて出力の表記には、現在の(エンジンを車両に搭載した状態とほぼ同じ状態で測定する)ネット値ではなく、(エンジン単体で測定する)グロス値が使われていた。ネット値はグロス値に比べ15%前後低いので、元々ネット値を使ってきた海外からの要請で1985年に日本でもネットに切り替わった当初は戸惑い、少し寂しい気持ちになったのを思い出すが、いつの間にか慣れた。kWに統一しても、じきに慣れるのではないだろうか。

テクノロジーは進化し続け、クルマは日々便利に、快適になっていくが、その分、仕組みは複雑でわかりにくくなっている。せめて表記だけでも、より理解しやすく、誤解しにくく、比較しやすいよう心がけるべきではないだろうか。もちろん、読者の皆さまのことを考えているわけで、決して媒体ごとに書き分けるのが面倒だからというわけではない。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kis*****|2015/11/27 10:05

    違反報告

    一つだけ気になったのが、ドライバーの経験によるだろう運転で警戒する事で事故を防ぐというが、それを言うなら「かもしれない運転」の方が良いと思った。教習中や交通安全講話といった場所では、だろう運転といえば、(人や車が)出てこないだろう、大丈夫だろうという悪い場合に用いる用語で、出てくるかもしれない、危険かもしれないという「かもしれない運転」の方が、合ってる気がする。
  • yud*****|2015/11/27 20:31

    違反報告

    PSのほうがいいと思うけどな。この車は何馬力もあるんだよっていうひとはたくさんいるけど何Kwだよっていう人なんてほぼ聞いたことない。
  • ctr*****|2015/11/30 01:57

    違反報告

    日本メーカーすべてに言える事だが

    欧州の階級身分を発端とするセグメントに縛られない自動車作りをして欲しい 

    Sクラスより高級なCクラスがあって欲しいわけよw

    小さい車になると 内装がしょぼくなる必要があるんだ?

    S E C G SL CL なんて物は 車の形状を意味するだけにして欲しい

    差別意識を 商売に結びつけた 悪しき車文化を  日本の手でひっくり返して欲しいのだが

    レクサスが 猿真似しちゃってるので ダメっぽいww

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します