現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】

ここから本文です
コラム 2015.9.7 レポート:ブンタ / 写真:ダッレ・カルボナーレ・ディノ、富士重工業、graaab

ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】
  • ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】

▲JDM(ジャパンドメスティックマーケット=海外における日本車のカスタマイズシーン)を代表するインプレッサWRX STI。その人気は衰えるどころか、依然としてホット。写真はVarisのドライカーボンパーツを中心にカスタマイズしたものをディノが撮影

エコだけじゃ物足りない。エコなのにエモーショナルでなければ!

ただならぬ雰囲気を醸し出しているのは、日本を代表するスポーツカーの1台、スバル インプレッサWRX STI。WRCをはじめとしたモータースポーツで活躍するマシンのベースモデルでありながら、日常使いでも苦にならない「スーパー」カーだ。このSTIを見ていると、ディノはハートが熱くなって日本を応援したくなるという。

ブンタ:あれ? 駐車場に停めてあるBMW 435iカブリオレはディノの?

ディノ:そうだよ。これからカスタマイズして、SPEED HUNTERSでレポートするつもり。

ブンタ:すごく格好よくなりそうだね! 435iの前でディノのプロフィール写真撮ろうよ。

ディノ:いいね!

ブンタちなみにBMWに決める前に比べた車あるの?

ディノ直接比べたわけじゃないけど、もっと日本車に頑張ってほしい!

ブンタ:どういうこと?

ディノ:実際、北米ではスバルのセールスがすっごく伸びている。本当に売れているんだよ! だけどね、それはアウトバックとかフォレスターとかSUVが中心。スポーツカーじゃない!

ブンタ:日本車のスポーツカーに頑張って欲しいということなんだ?

ディノ:そう。例えば、スバルのインプレッサWRX STI。面白いのはコレ! エンジンは水平対向のEJ20型だから、チューニングメニューも豊富だしね。いってみれば4WDモンスター。特に先代のインプレッサWRX STIが好き。最後の4WDのラリースペシャルだからね!

ブンタ:その気持ちわかるわ。キャラクターからしてワン&オンリーだしね。

ディノ:水平対向エンジンだから重心が低いでしょ。で、シンメトリカルAWDでバランスも良い。速いからタイムアタックにももってこいだし、ローダウンしてドレスアップしてもいい。本当に人気あるんだよ。こういう車もっと作って欲しい!

ブンタ:このところずっと、エコ、エコ、エコできたらからね。でも時代はエコなのは当たり前、なおかつエモーショナルになってきているよね。

ディノ:ヨーロッパからは、フォルクスワーゲンのゴルフRとか、ホットモデルが入ってきているのに日本のメーカーももっと頑張ってほしいね。例えば、日産のシルビアとか復活させてほしい!

ブンタ:最近はハチロクとロードスターとか、少しずつだけど盛り上がってきているね。

ディノ:ドイツブランドに「どうぞ、どうぞ」じゃダメ! 90年代はたくさんスポーツカーあったのに! だけど、簡単に1000万円以上とかいうのはナシ。それだったら欧州車買っちゃうよ。日本の自動車メーカーはもっと手が届くスポーツカーで頑張ってほしい。300万円前後!

ブンタ:本当だね、期待しようよ!

【お詫びと訂正】
当記事のタイトルにおきまして誤りがありました。
正しくは以下の通りです。

(誤)ダウンサイジングにぴったりな“エコスポーツ”が100万円台前半から狙える
(正)ディノ「インプレッサWRX STIが面白い。日本はスポーツカー大国に復活して!」【SPEED HUNTERS】

読者の皆さまならびに関係各位にご迷惑をお掛けしましたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します