現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性

ここから本文です
コラム 2015.8.6 レポート:古賀貴司(自動車王国) / 写真:三菱自動車

すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性
  • すでに兆しアリ!? 中古ランサーエボリューション、高騰の可能性

ランエボの中古車相場は高止まりする?

三菱 ランサーエボリューション(以下、ランエボ)がついに絶版となりました。ランエボはかつてWRCで活躍した日本を代表するスポーツカーで、海外で「EVO(イーヴォと英語では呼ばれています)」と言えば、イギリスの老舗自動車雑誌ではなく、ランエボを指す言葉となっているほどです。

レースでの勝利は自動車メーカーにとって絶好のプロモーションの場となります。三菱は1962年、マカオグランプリを皮切りに世界のレースシーンにおいて常連となっていました。中でも輝かしい歴史を築き上げたのがランエボです。1996年から1999年までランエボを駆るトミ・マキネンは前人未到の4年連続ドライバーズタイトルを獲得し、1998年には三菱にとって初めてとなるマニュファチュアラーズタイトルをもたらしました。

初代ランエボは1992年にWRCのホモロゲーション(規定)を満たすために市販されました。今よりも車への関心が高かったから、とは言いたくありませんが……テレビCMの類は一切行わず2500台の限定車が3日で完売したんです。

そんなランエボも前述のとおり絶版となりました。いずれはアウディ クワトロ、ランチア デルタインテグラーレEVOといった車のように、ランエボの中古車相場も高止まりとなると予測されます。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します