現在位置: carview! > 編集記事 > コラム > コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか

ここから本文です
コラム 2014.9.19 レポート:すぎもと たかよし / 写真:中野 英幸、望月 浩彦、菊池 貴之

コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか
  • コペン&ロードスター、いまなぜオープンスポーツなのか

スポーティな装いの「コペン ローブ」。価格は179万8200円~181万9800円。

オープンスポーツはいまが旬!

------
6月20日に12年ぶりに2代目が登場したダイハツ・コペン、9月4日に内外装がお披露目となった4代目マツダ・ロードスター。そして来年央にも登場予定のホンダ・S660。いま日本はオープンスポーツが旬だ。その魅力はどこにあるのか? 今回はコペンとロードスターの2台から迫ってみよう。
------

「着せかえ」という斬新なテーマをもって登場したコペンが好評だ。ダイハツが「ドレスフォーメーション」と銘打った着せかえボディは、昨年の東京モーターショーで「ローブ」と「X(クロス)」の2モデルが発表、6月の正式発表時には初代を連想させる「丸目バージョン」(第3のモデル)が新たに披露された。

発売直後、ダイハツのディーラーには通常の1.4倍の来客があったというが、この3モデルについては好みがそれぞれ分かれたのが特徴だ。「ローブはスポーティなスタイルがウケており、Xは比較的若い方に人気があるようです。丸目バージョンはもちろん初代のファンの方に好評ですが、一方で女性にも人気があるようですね」(ダイハツ工業・広報室)

販売は6月1067台、7月1328台と月間目標の700台を上回るペースで立ち上がったが、あえてXや丸目バージョンを求める「待ち組」も控えているようだ。

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • miy*****|2015/07/15 11:35

    違反報告

    世界中さまざまな車が蔓延して 世界中豊かになりつつ有りますが その中で 車を単なる移動の手段だけでは無く 車そのものの粗製である豊かさ 自己表現 快楽主義とゆう分類に突入したのだと
    思います。 その一部の答えがオープンカーなのかもね! 騙されたと思って乗ってみ、、、、です
    本当に最近のオープンカー気持ちいいから 昔のオープンカーは 兎に角我慢でした でも現在のは早いスピードで走るより何倍も 制限速度で走る風の心地よさが判るから、、、乗ってみ! 
  • yas*****|2015/07/19 20:18

    違反報告

    沖縄とか北海道の空港近辺のレンタカー貸出し店で、コペンやロードスターやS660を
    低廉なレンタル料で貸す様にしてくれないかなあ。
    旅行代理店も魅力あるプランを提示したら、オーブンカーに乗る機会を探しているクルマ好きの顧客を多勢増やせると思いますよ。
    車種にニッポンのスーパーカー日産GTRも加えてね。
    絶対に集客大幅増は間違いなし!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します