現在位置:carview! > ニュース > ニューモデル > スズキ、スイフトに「デュアルジェット エンジン」と「エネチャージ」搭載車を設定

ここから本文です
ニューモデル 2013.07.17

スズキ、スイフトに「デュアルジェット エンジン」と「エネチャージ」搭載車を設定

  • 知恵袋で質問

スズキは、小型乗用車「スイフト」に、新開発「デュアルジェット エンジン」と「エネチャージ」をはじめとする低燃費化技術を搭載した新グレードを設定し、7月17日より発売する。

新グレードは、低燃費と力強い走りを両立した新開発「デュアルジェット エンジン」に、減速エネルギー回生機構「エネチャージ」や、新アイドリングストップシステムなどスズキグリーン テクノロジーを小型車で初めて搭載。

これにより、従来アイドリングストップ車に対し、約21%向上となる低燃費26.4kmLを達成し、1.2L以上のガソリン車トップの低燃費を実現した。さらに、燃費の良い運転状態やエネルギーフロー、エコドライブ度の採点などを表示する専用メーターを新設計し、エコドライブをサポートする。

グレード名の後に「デュアルジェット エンジン(Dual Jet Engine)」×「エネチャージ(Ene-charge)」を表す「DJE」を表記した。

同時に、「スイフト」は一部改良を行い、各種センサーで走りを監視し、タイヤのスリップや横滑りを抑制するESP(車両走行安定補助システム)を全機種に標準装備。「スイフト」XG、XL、XSならびに特別仕様車「スイフト RS」は、4WD車の燃費を改善し、CVT車を全てエコカー減税の50%減税対象車とした。また、フロントバンパーやグリルなどのデザインを変更し、さらに一部グレードでフォグランプベゼルにLEDイルミネーションランプを採用したほか、新デザインの16インチアルミホイールも導入。特別仕様車「スイフト RS」は、専用開発のフロントアンダースポイラーやリヤアンダースポイラーを採用し、新デザインのRS専用リヤエンブレムを装着するなど、よりスポーティなデザインとした。

価格は127万9950円~178万7100円。