現在位置:carview! > 増税でどう変わる?クルマとお金

ここから本文です

今だからこそおさらい 増税でどう変わる?クルマとお金

2014年4月以降、続けて増税が実施されます。増税によってクルマ購入時の負担と税金はどれだけ変わるのか?その差はどのくらい?買ってからのコストは?疑問と不安は膨らむばかり。そこでいま一度、クルマとお金の問題についておさらいしてみませんか? 随時更新!

そういえばいくらかかる?振り返っておきたいクルマ購入時と維持のコスト

クルマを購入するときにかかる税金・諸経費

クルマを購入したときにかかるのは消費税だけじゃないことは、皆さんなんとなく気づいていると思います。見積書で言えば車両本体価格以外に発生する「諸経費」というものです。それではこの諸経費、具体的にどんなものがあるのでしょう?

購入時のみ支払う費用と購入後も定期的に発生する費用
  • 消費税
    車両本体とオプション、登録手数料(法定費用を除く)などにかかる税金。2014年4月から8%、2015年10月から10%となる予定。
    車両価格本体が100万円の場合:5%…50000円 8%…80000円
  • 自動車税年1回・4月
    毎年4月1日時点で自動車を所有している人に課税される税金(地方税)。排気量に応じて税額が決まる。年度の途中で購入した場合は月割りで支払い。軽自動車の場合は「軽自動車税」となり、月割り制度がないため購入年度は税金は支払わなくて良い。
    総排気量1リットル超・1.5リットル以下:34500円
    軽自動車(自家用):7200円
  • 自動車取得税
    自動車取得時に購入価格に対してかかる税金。車両本体とオプションの合計額から一定の金額を控除した価格(車両取得価額)に応じて定められている。2014年3月31日までの税率は5%・軽自動車と営業車は3%と規定。また新車時には車両本体価格に0.9を乗じた金額が基準額。
    ただし、取得価額が50万円以下の場合は課税されません。
    車両価格本体が100万円の普通車(新車):100万円×0.9×0.05=45000円
    車両価格本体が100万円の軽自動車(新車):100万円×0.9×0.03=27000円
  • 自賠責保険料車検時に先払い
    自動車の所有者が必ず加入しなければならない保険。13ヶ月、25ヶ月、37ヶ月などから保険期間を選択する。
    自家用の普通車の場合:13ヶ月…17310円/25ヶ月…28780円/37ヶ月…37780円
  • 登録費用
    自動車の所有者名義を管轄の陸運局に登録したり、ナンバープレートを取得するための代行費用。印紙購入の法定費用もかかる。
    印紙代…2000~4000円程度/代行料金…10000円程度
  • 自動車重量税車検時に先払い
    新車購入時および車検時に自動車の重量に応じて支払う税金。手続きの際に手数料納付書に重量税印紙を貼付。新車の際は3年、車検の際はその有効期間に応じて2年または1年分を支払う。
    重量1~1.5トンの普通自動車(フィット・アクア相当):
    新車時36,900円(3年)/2年車検時24,600円/1年車検時12,300円
  • その他費用
    車庫証明費用
    自動車の保管場所を証明する「自動車保管場所証明書(車庫証明)」を取得するための印紙代(2500~2800円程度)と代行手数料(10000円程度)。自分で手続きを行えば印紙代のみ。管轄の警察署で申請。
    納車費用
    ディーラーから指定の場所へ納車する際の運搬手数料です。10000円程度
    下取り費用
    購入時に今まで乗っていた所有車を販売店が引き取る際の金額。買取専門店や別の販売店に売却するのが買取。新車購入の予算としてうまく活用すれば支払いが楽になる。
    リサイクル料金
    自動車の解体のゴミ、エアバッグ、フロン類などの処分にかかる費用で、所有者の負担となる。

クルマを維持するのにかかる税金と諸費用

クルマを購入したあとも維持をするためにいろいろと費用がかかるものです。まず思い浮かぶのはガソリン代と駐車場代。他にも不測の事態に備えた保険や税金、およそ2年ごとの車検など・・・・・・勇気を出してざっと書き出してみました。

クルマを維持するのにかかる税金と諸費用
  • 任意保険
    重大事故を起こした場合、自賠責保険だけではまかなえない場合があるので任意保険に加入するのが一般的となっています。
  • 車検費用初回は3年ごと・その後2年ごと
    車検時には、検査費用のほか、法定費用となる自動車重量税、自賠責保険料、登録のための印紙代と、その代行費用がかかります。
  • 駐車場代
    自宅に止められる場所がない場合は駐車場代も必要になります。郊外や都心では価格が大きく違うので、近辺の相場の調査をしておいたほうがいいでしょう。
  • ガソリン代
    自動車を動かすための燃料費。燃費性能やハイブリッド性能などによってガソリン代を節約することができます。
    自動車の燃費:20km/L ガソリン価格:140円/L 年間10000km走った場合 = 約70000円