見上げれば空は秋色

天井の高さ無限大。透き通った秋風の中をオープンカーで味わうススメ

carview!編集部「クルマの楽しみ方研究委員会」制作

いろは坂~栃木(日光市)

関東紅葉ドライブルートの雄

福山雅治の「桜坂」やダイハツの「ベタ踏み坂」などに話題を持っていかれても、“坂界”の絶対的な王者は揺るがない。日光市街と中禅寺湖・奥日光を結ぶ「いろは坂」は、言わずと知れた紅葉ドライブの名所。48のコーナーに立つ「い」「ろ」「は」……の看板を読みながら、ゆっくり噛みしめるように走るのが粋だ。

日光宇都宮道路・清滝インターチェンジをスタート地点として、上り専門の第2いろは坂へ。うねうねとした道を行き、寄り道して明智平のロープウェイに乗り気分を入れ替えるのもおすすめ。中禅寺湖、華厳滝、男体山が一望。その後、中禅寺湖で遊覧船に乗ってから華厳の滝、という黄金のコースを経て第1いろは坂でふもとに降りた後、日光金谷ホテルを目指し、一路 東武日光駅方面へ。日光東照宮で本当の黄金を拝んで帰るご提案。(2時間弱)

オススメの立ち寄りスポット
日光東照宮、中禅寺湖、戦場ヶ原……、世界遺産と大自然の贅沢なコラボが日光の魅力。立ち寄りスポットが目白押しのエリアだが、ここでは日本最古のリゾート日光金谷ホテルをオススメしたい。宿泊はもちろん、ランチや日帰り温泉だけでも悠久の時を感じられるだろう。

日光金谷ホテル

日光金谷ホテル [ 地図を見る ]
栃木県日光市上鉢石町1300
■駐車場:屋外広場(予約不要)乗用車(50台※無料)
詳細はこちら(外部サイト)
中禅寺湖 [ 地図を見る ]
栃木県日光市中宮祠2478(遊覧船乗り場)
■中禅寺湖1周料金:大人1,250円(中学生以上)/小学生630円

このドライブコースをオープンカーで走るなら?

ミニ コンバーチブル

ミニ コンバーチブル
つづら折りのコーナーでは、より見切りのしやすいオープンが嬉しい。その点、全長が短く、フロントウィンドウが立っているミニのコンバチならうってつけ。走りながらでも屋根をセミオープンやクローズにできるので、お猿さんの奇襲にあっても安心だ。

日産 フェアレディZロードスター

日産 フェアレディZロードスター
紅葉シーズンの定番ドライブコースだけに混雑は必至。ならば泰然自若たる気分で峠道を往くのはいかが。余裕のパワーでどんな坂もやんわりと走り抜けられる。景勝地でもリゾート地でも画になるプロポーションは日本随一。和の風景には伝統のネーミングを持つ和のオープンカーがふさわしい。
紅葉特集2014