現在位置:carview! > 届け!助手席ガールズの叫びとホンネ・前編

ここから本文です

届け!助手席ガールズの叫びとホンネ・前編クルマ生活向上委員会(女子部)による「助手席で暮らす女子によるホンネ座談会」

毎日毎日更新されるcarview!の記事。それをボンヤリ見ていると驚かされるのが運転席目線からクルマや運転を捉えた内容がほとんどだということ。自動車サイトたるもの当然の話なのですが、意外と見つからないのが助手席の視点から眺めた運転にまつわる話題なのです。車内で同じ時間と空間を共有している中、助手席の住人は何を見て、何を考えているのか興味がありませんか?仮にそれが奥さんやこれから“いい感じ”になりそうな女性だとしたら? そこで今回は、carview!に勤務している女子社員5人をゲストとして招き「助手席」をテーマにこれまでの助手席体験をセキララに語ってもらいました。

はじめに

鼎談に協力してくれた弊社メンバーのプロフィール

クルマ生活向上委員会のメンバー

  • Jos: おなじみ元中古車ディーラー勤務の不思議ちゃん。オービスに怯えながら暮らす。最近自宅に白いアウディS3が納車されたプチセレブ(家が)。母・ハルコがコストコで仕入れてくれるお菓子が一同の小腹を満たす。免許アリ。
  • Mad: 当委員会きっての非自動車体質かつ非免許な3年目エンジニア女子。自動車に染まりまくった弊社の中ではむしろ貴重な存在。「運転」を「操縦」と言うあたり無限のポテンシャルを感じる。ガテン系のカレシが欲しい。免許ナシ。

クルマ生活向上委員会☆セピアのメンバー

  • Ris: むくつけきおじさんどもがたむろしている編集部よりアートギャラリーにいた方が絶対ハマる外見。それとは裏腹に体育会系の連中を怜悧な笑顔で束ね、手なずける力量はさすが。モノトーン女子。免許ナシ。
  • Mar: アクティブな入社2年目。英語は流れる水の如し。ポップからR&Bずんずん系までジャンルを問わない音楽フリーク。夏はフェスでしょう!と力説。とにかく体幹がしっかりしてそう。免許アリ。
  • Skm: クルマ大好き新入社員。今やめずらしい(?)大学自動車部出身。R33型スカイラインを愛車に選ぶツウな性格。三度のメシより運転が好き(たぶんイケメンも好き)。ジムカーナ仕込みのテクニックが炸裂する日は近い?免許アリ。

運転席と助手席の間に現れる「お酒」にまつわる深い谷

――みなさんは小さいころから今まで、いろいろなシチュエーションでクルマに接してきたと思います。その中で、2015年現在、助手席女子にとってドライブっていうのはどんな意味を持ちますか?

Ris Mad:クルマは交通手段としか思っていません。荷物が多いときは便利ですよね。楽なツール感覚かなぁ。

Mad:クルマは部屋が移動している感覚です。

Ris:クルマに乗る時不便だなぁと思うのは、ドライバーが(お酒を)飲めなくなることですかね。
出かけた先で「飲んでいいよ」と言われることも多いですけど、実は相手のテンションを気にしながら呑んだりしています。
ま、結局けっこう飲むんですけどw セーブしながら呑まないといけないシチュエーションが多いですよね。
それをシラフな状態で見られてるのかと思うとそれが気になります。

――おっと。運転といちばん食い合わせが悪いお酒の話題がいきなり! なるほどw その温度差は気になりますね。

Ris:そうそう。自分だけ飲んでテンションが高くなってしまうので、もし失言していたら…と思ってしまいます!
そういうときは自分が言ったことをだいたい覚えていなくて「あの時ああいったじゃん?」と相手に言われてすっごい気まずいw

一同:でも失言トークやっちゃうよね!><

Ris:そうなっちゃうからお酒もトークもセーブ!全部自動運転になればいいのになぁ!

一同:あはははははは

Mar:一対一で出かけてる時に運転する人に「飲んでいいよ」といわれたら、ラッキー! と思って飲んじゃいます。
でも本当は、ふたりで飲めたほうがいいですね。4人くらいで遊びに行っててクルマに乗っているとき「いいよ、だいじょうぶ」って言われてもやっぱり運転する人だけ呑めないっていうのは気になりません?

Mad:クルマで一対一で出かけて「飲んでもいいよ」って言われたら気を付けてねw

一同:ああー!確かに!

Ris:ヤングとかはヤバそうだよね。

一同:ヤングww

Mad:「ふたり」といっても相手によるよね。気心知れている人はいいけど、クルマは密室だから注意だよ!

――相手によるっていうのは、友達とか付き合ってる人とか気心知れてる人とかってこと?

Mar:付き合っている人だったら「あぁ悪いねぇ」とか言ってある程度オッケーだし、それで相手が「くっそー」ていうのがまた楽しいというw

Ris:まだ二人の状況に慣れてない人のクルマに初めて乗る場合はすっごい気になる! 助手席でどうやって気を遣うべきかが見えないし…。

――まだ失言していいかどうかわかんない関係の時は難しいよね

Ris:(お酒が入ると)だいぶ失言モードに入るじゃないですか。帰りの距離が長かったりするとそのリスクがまた増えますよね。
言ったこと覚えてないタチなので大変なんです。
だからお酒を飲むときはドライブはちょっと…って思いますね。

――そうなるとドライブに行きたい時ってどんな時ですか?

Jos:アクティブな遊び?海とか山。お酒必要ないじゃないですか。ガッツリ山登りとかw

Mad:荷物が多い遊びのときは必要ですよね!

Jos:ガラガラ荷物引いて行くわけにもいかないですしねぇ。

助手席に宿るお願いごとの神様

――自分で運転をよくしているSkmさんとJosさんは助手席に乗った時、ドライバーに対して見る目が厳しくなるwと思うのですが、実際のところどうですか? 心がけているポイントがあったら教えてください。

Skm:助手席に乗った時もドライバーと同じテンションを保つことを心がけています。
自分が運転している時にやってくれたらいいなと思うことをしてあげていますね。ジュースの蓋をあけてあげたり、アメを口に入れてあげたり、空調も相手の心地よい温度で我慢したりw

Mar:反省した!そんなことやってあげる意識が全っ然なかった!「ごめん、寒い」みたいなw

Ris:わたしも空調は自分の好きなようにしちゃってる!
それにほかの部分は何が起こるかぜんっぜんわかんないので触らないようにしてます。

Jos:私はどんなナビでも大体使えるので色々やってあげます。元クルマ屋さんなのでw

Mad:ナビはいじり方が全然わからないです…。クルマと飛行機の操縦が一緒に見えるので

一同:あはははははははは

――Madさんはいっつも運転のことを「操縦」って言ってますもんねw

Skm:あとは積極的にドライバーに話しかけて話題を振ることに専念してます。
私にとって車の中は落ち着いて会話できるところなので。

Mad:周りに誰もいないと話しやすいってのはありますよね。

――たしかに密室ですし、まとまった時間も取れますしねぇ。気になる会話の内容は?

Skm:自分がいつも運転しているからすごくわかることなんですけど、ぶっちゃけた話、運転している時って集中していて生半可っていうかあまり話を聞いていないんですw。だから頼みにくいことを頼むチャンスだと思っています。
日常会話の中に欲しいものの話題を自然にすべり込ませて買ってもらったりしていますね。

一同:(目からうろこ)えー!すごい!!どんなことお願いするの??テクだーー!

Skm:渋滞にハマってないスイスイした道で「この前見たバッグのあの色好きなんだけど、いいよねぇ。でもちょっと今お金きついんだよ」とか切り出したり。そうすると「ああ、いいんじゃない?今から買いに行こうか」という流れになったりして。

一同:おおおおおーー!

Skm:クルマだし、無理がなければそのまま「ららぽーとあるじゃん」てことになって買ってもらえることもありましたよ。

一同:それいいテクだ!メモっとこうかなぁ。次回使おう!

Skm:助手席はお願いごとの場、ですね。

――名言出ましたねぇ!

助手席NG3原則「寝ない・こぼさない・汚さない」

――その発想はなかった!すごいしっかりしてる!こんど私も試してみようかなぁ…。そのほか助手席の住人として気を付けていることはありますか?

Ris:(即答)寝ない。自分がやられたらちょっとヤだなって思うから。

Jos:前にあったんですが疲れて寝てしまったことがあって、その時クルマから下りろとものすごく怒られたことがあります。クリスマスの新宿でですよ?

一同:えー! 厳しい!

Mad:こぼさない、汚さないは気を付けてますね。

Mar:私も寝ない、は気を付けてますね。

Ris:でもお酒が入っていたら寝ちゃうw…。

Mar:私も気付いたら寝てますね…。

Ris:時すでに遅しみたいなねw

Jos:わたしは普段運転しているせいか助手席に乗っていても気を遣ってしまって、運転を代わっちゃいますね。人の車を運転できる機会が嬉しいのでw

――いかにもクルマ好き女子の発想ですねそれ。

Jos:それに運転を代わった時に「ありがとう」って言われるのが気分がいい。 でも、クルマを運転している周りのみんなは、人の車を運転するのは怖いからその感覚がおかしいとか言われますけど。 私自身、あまりお酒が飲めないから運転を代わってもぜんぜん気にならないんです。

一同:やさしい!ポイント高い!でもドライバー要員みたいw

――もう一方のクルマ好きSkmさんの場合はどうですか?

Skm:人の車は怖いから運転したくないです!だから逆にJosさんがすごいですよ。

Jos:いや、ほかの人からは「おかしい」って言われます。仕事柄あらゆる輸入車に乗ってたのであんまり抵抗ないっていうのもあるんですけど。ちなみにあんまり運転うまくないですよ。

一同:なにそれw

Skm:クルマ大事にしてる神経質な人の助手席の時はなるべくいろんなところ触らないようにしていますね。そういう時は相手が興味ありそうな話を振ったりしてリラックスさせたりしています。ある程度知ってて気を許せる相手ならばあれこれお願いしたりしますけど。

「褒め」はドライバーのポテンシャルを上げる?

――ここまで話を聞いている感じ、助手席女子としていろいろな方法で工夫してスキルを発揮していますね。ではちょっと視点を変えて、ドライブそのものを盛り上げるコツみたいなものはありますか?

Ris:「うわー夜景が綺麗―。横浜の夜景とかってめっちゃ気分があがるよねー!」とかテンション上げる発言を若いころはしていました。

一同:あはははははははは!

――テンションを上げるw。あーなるほどね。目に見えたものを全部アゲアゲ気味に言ってく的な?

Ris:ですです。ドライバーが選んだルートを褒めて褒めまくって「自分の選択が正しかった!」と思わせるんです。喜ぶだろうなとw。

Jos:ドライバー目線で言うと、ここを走ってくと正面にアレが見えるとか、結構考えてるんですよ。

Mad:へぇぇぇぇ

Skm:ルートわたしもめっちゃ褒めます。「ああ、この道こんど使ってみよう」とかw

――そうやってルートを褒めた時の相手の反応ってどうなんですか?

Ris:「こんなルートで喜んでくれるんだー。よかったー!」みたいなまんざらでもない感じでしたよ。

Mar:ドライバーがルートを考えて走っていることなんて思ったこともなかったなぁ…。
目的地にそのまま向かってるイメージがあったんですよ。そこまでにいろんなポイントを通過してる、なんて発想なかったです。

――非免許代表選手のMadさんなんかはどう?

Mad:景色とかに関しては全く言わないかも…。逆にドライバーについて褒めます。運転している時の姿ってなかなか見られないのでカラダの部位を褒めます。

――ぶ、部位?

Mad:「運転しているときの腕の筋がいいよね!腿の張り具合がいい!」とかw

一同:部位て!!!!! 体の部位が好きなの?w

――…ドライバーはそれ聞いてテンション上がりますかね?

Mad:結局自分が言いたいだけなんですけどw、相手も「だろ?」ってなりますよ。ドヤ顔の感じで。

一同:あはははははははは!

Mar:でも「だろ?」って言われたら引いちゃいますねw個人的にはww

Jos:私の場合、自分が運転してることも多いので、スピードと運転技術を褒めます。
「200出てる!すごい!」とか、「キレイに車を抜いていくよね!」とか。

――200て!単位は?単位!

Jos:あ、渋滞の時間ですよ? 東京まで200分。間違えないでくださいね?数年前のGWのとき中央道で…(以下渋滞の話)。
あとは、その人の車の性能を褒めます。

Skm:(それを聞いて)私も足回り変えてていいね!とか言ったりしますねぇ。マフラーの音がいいとか。

Jos:車高調変えた?とかリジカラ入れてるの?とか言っちゃいますね。

Ris:すごい会話を繰り広げてる…!

Skm:いや、自分よりクルマが詳しくない人にはクルマのことは言わないです。

Jos:男の人に対しては特にですが、自尊心を傷つけないように相手ありきでクルマに関する発言を変えます。
特に若い男の子はプライドが高いので、クルマに関して知らないふりをしています。

Mad:そっちの方が正解ですねえ(後編へ続く

まとめ:YT/企画・インタビュー:MA
協力:クルマ生活向上委員会&クルマ生活向上委員会☆セピア メンバー

助手席から褒められたい!ならばクルマを探してみましょう!

あなたにピッタリのクルマがきっと見つかるはず

メーカー、ブランドから中古車を探す

すべてのメーカーから中古車を探す

キーワードから中古車を探す

価格帯販売地域から中古車を探す

本体価格と販売地域から検索できます。
万円~
万円

都道府県から中古車を探す

ページトップへ

そのほかの「クルマ生活向上委員会」の記事

もっと見る