現在位置:carview! > 非免許ちゃんが行く!〜第一印象だけで答えます(1)

ここから本文です

非免許ちゃんが行く!〜第一印象だけで答えます(1)検証・クルマに興味のないヒトの目にジドウシャはどう映る?

毎日毎日更新されるcarview!の記事。ボディカラーやカタチもさまざまなクルマたちの話題が、手前味噌ながらたくさんの画像とともに紹介されています。カタチを見れば車種はだいたいわかる――クルマ好きにとって「当たり前」の習性は「クルマなんて乗れればいいじゃん」な人々にとってはまったく当たり前じゃないのは皆さんもご存じでしょう。ではそんなヒトに予習もさせず無作為にクルマの写真を見せた時、どんな感想や反応をするのか? 自動車生物学的な見地からすると重要かつ命がけの実験を、免許も持たないごくごく平均的な非免許体質の弊社女子社員を被験者として実施してみました。4回シリーズです。

はじめに

実験に参加したクルマ生活向上委員会のメンバーのプロフィールと実験のルール

実験されるヒト

  • Mad: 当委員会きっての非自動車体質かつ非免許な3年目エンジニア女子。
    何がどうなって弊社に舞い降りてきたのかまったくわからないけれど、自動車に染まりまくった中ではむしろ貴重な存在。こんなに自動車に対し無関心な人物が世の中にいるとは! と周囲に言わしめた逸材。以前の企画において「ドライブの醍醐味とは?」との問いに一も二もなく「ドライバーの部位を眺めることにあり」と即答。一同を唖然とさせたのは記憶に新しい。さらに「運転」を「操縦」と言うあたり、無限のポテンシャルを感じる。ガテン系のカレシが欲しい。もちろん免許ナシ。

話を聞くヒトたち

  • YT: クルマ生活向上委員会の名ばかり委員長。肥満・どぶ顔・中2病・薄毛。酷暑が続く夏は体からカブトムシの匂いがするとの話。最近なぜか「アオハライド」や「青空エール」等、別マのまんがにハマり青春をしきりに取り戻そうとしているけれど、ブサイクにそんな資格などない。免許アリ。
  • MA: 委員会におけるヒマネタの頭脳。満島ひかり似(※人妻。新ドラマが始まる時期はほぼすべての番組をチェックするのがライフワーク。「相棒」は断然、神戸尊(及川光博)派。反町隆史なんて…!(見るけど)とは本人の談。スポーツ万能だが廊下を走る姿がなぜかおもしろい。免許アリ。
実験のルール
(1)「クルマ生活向上委員会」のメンバーが無作為に選択したクルマに対し、自分の直感だけで印象を答える。
(2)クルマのメーカーや具体的なモデル名など、手がかりになる情報は与えない。
(3)原則的に提示する写真はcarview!のカタログ内にある外装・内装・後面、および自然光の下で撮影されたものを使用。
(4)インタビューの制限時間はなし。

車両その1

スバル アルシオーネSVX

――はい、では1台目です。見たまんま、思ったように印象をぶつけてみてください。

Mad:昔の刑事ドラマ…。

――ほう!ほう!

Mad:勝手なイメージですけど、昔の刑事ドラマでグレーのスーツを着た方が張り込みで乗るようなイメージです。パッと見ですよ?

――いいよぜんぜんそれで。

Mad:なんか、薄いですよね。前頭部?が薄いですよね?

――まあ、薄いよね。ここ。うん。

Mad:この線なんですか?

――ここはですね、窓が開く部分なんです。補足説明になっちゃうんですけどガラスでできてるの。天井のところは日よけのために塗装されてるんだけどね。で、ここの切れ込みの部分が窓である、と。

Mad:なんか、乗り出しづらいですね。

――え?乗り出す? ああ、体をね。箱ノリ的なね。今までの自動車史上でこういうのあんまりないんだよね。どこの国のクルマだと思う?

Mad:ええー、ガイシャなんですか?

――いや、そこは特に触れません。

Mad:どこの国…。えーー、なんでしょう?ガイシャなイメージがないです。根拠はないんですけど、日本、ですかね。

――うん、そう。日本車ですね。スバル。群馬で作ってます。

Mad:あー、なにを基準にガイシャとニホンシャを分けているのかわかんないですけれど…。

――内装はどう?

Mad:ちょっと気になりました。これ、最近のクルマですか?

――いえ、最近のじゃないですね。

Mad:私が小学生の時ぐらいに乗ってたようなクルマと内装が近いですよね。なんでしょう、この空調のところがちょっとひと昔前の感じがします。

――ほうほう。なるほどなるほど。自分が乗ってるとことかイメージできないよね?

Mad:やっぱり自分が乗っているより、グレーのスーツを着たオジサマがブラックコーヒーを飲みながら張り込んで乗ってるイメージですかね…。

――カレシ乗ってきたらどう思う?

Mad:あ、それは別にびっくりはしないです。親のクルマなのかな?と思っちゃうくらい普通です。

――懐かしさみたいなものがあるってことか。まったくそのイメージなかった。

Mad:ちょっと画質が荒い刑事ドラマのイメージですね。

――ああ、夕方の再放送的なねwちなみにいくらくらいに見える?

Mad:わたし値段の相場が全然わかんないですけど、新車で…400万くらい?

車両その2

マセラティ グラントゥーリズモ

――はい、こちらはどうでしょう?

Mad:これは…お金持ちの家の奥の方にありそうな「乗ったことある?」って聞きたくなるような場所に置いてありそうな。家の中に何台も何台もクルマ入れてる成金みたいなのいるじゃないですか。その人が持ってるクルマの中の一台みたいなイメージです。

――奥って!w 手前じゃなくて?奥ってなによ?車庫のこと?

Mad:クルマが部屋になってる感じの家がありますよね?そこの中での奥、ですね。

――はいはい、デカい車庫だね!たまに使うかな?みたいなね。

Mad:これしばらく乗ってないんだよ、ぐらいのクルマなイメージですね。遊びのクルマでしょうね。 ところでこれ、高さ低いですよね?しかもアタマを低くしないと乗れないくらい低いですよね?アタマぶつけそうw

――うん、低い低い。ちなみにいくらくらいに見える?

Mad:は…850万。もっと高いかも。お金持ちが遊びで買う感じ。そんじょそこらのクルマに乗るんじゃなくて気合いを入れて乗るというよりサラリと気分によって着替えるみたいな感じで乗るクルマですかね。

――内装はどう?

Mad:都会のちょっとイケてるカラオケみたいな感じですよね。

――「都会のちょっとイケてるカラオケ」?w シダックスみたいな?

Mad:カラ館ではないですね。部屋代が気持ち相場よりちょっと高いカラオケ店…パセラより安いくらいの。 パセラよりはリーズナブルだけど、「なんでこんな安っぽいとこ…」と言うのではないカラオケ屋みたいな。

――なるほどね。そこ禁煙かな?そのカラオケ屋。

Mad:あー、ではないですね。タバコ臭いと思います。

――このクルマの内装は?禁煙?

Mad:かなりタバコ臭いかもw

――ちなみにそのカラオケ屋は何人くらいで行く感じ?

Mad:ワイワイではないですね。ちょっとメンバーが良さげ(イケメン多し)のメンツと「もうちょっと話がしたいかな」くらいの勢いで、マジメではない気分で行くカラオケ屋さんですね。うん、、マジメではない。

――――ちなみにこれ、日本のクルマじゃないんだ。どこの国のクルマだと思う?

Mad:はい。んーー、イメージだと、イタリア?

――ほう!なぜ?

Mad:最初アメリカかなと思ったんですけど、アメ車ってもっとポップなイメージがあって、でもヨーロッパのなかでもちょっとこうぎらっとした遊びっぽいイメージはイタリアかなと。

――なるほどね。やっぱイタリアのクルマってのはギラギラした遊びのクルマのイメージがあるんだね。でも、そういう情報ってどっから入ってくるのかね?雑誌?テレビとか?

Mad:やっぱり派手なクルマ=イタリアっていう刷り込みみたいなもんですかね。フェラーリとかランボルギーニとかそういう派手なクルマはイタリアかな?ってイメージがあって。ちょっと派手なイメージがあるんだと思います。

――これ、誰が乗ってそうかね?芸能人とか…スポーツ選手でもいいけど。

Mad:うーん、芸能人で言うと…どっちかっていうと芸能人の二世が乗ってそうですね。

――笑…ほう!いい発想だなあ!!!

Mad:うん。二世タレントだと思います。多分ご両親はもっといいクルマに乗ってるんけど、二世だからそんなにわけのわからないクルマに乗るわけにもいかないし、世間体も考えつつ選ぶというか。二世でもあるし。でも少し目立つクルマに乗りたいというw

――はあー。さっきの群馬のクルマと違ってこっちにはリアリティがあるんだね。でも、やっぱりこんなにクルマに興味がなくてもイメージってのはすごいね。伝わるんだねえ。ホントになんも知らないんでしょ?

Mad:ええ、はい。ぜんぜんわかんないです。好き勝手しゃべってますw

――われわれクルマ好きが思ってることと意外と似たようなこと言ってるよ。超能力者?w へえ…面白いなあ。

Mad:二世乗ってますかね?

――や、もう乗ってるとしか思えないよおれは!

まとめ:YT/企画・インタビュー:YT&MA 協力:クルマ生活向上委員会

第一印象で決めてみたい!ならばクルマを探してみましょう!

あなたにピッタリのクルマがきっと見つかるはず

メーカー、ブランドから中古車を探す

すべてのメーカーから中古車を探す

キーワードから中古車を探す

価格帯販売地域から中古車を探す

本体価格と販売地域から検索できます。
万円~
万円

都道府県から中古車を探す

ページトップへ

そのほかの「クルマ生活向上委員会」の記事

もっと見る