現在位置:carview! > ネアカーで行こう!~バブル輸入車黎明期(1)

ここから本文です

ネアカーで行こう!~バブル輸入車黎明期(1)「昔はよかった」解放区。クルマの黄金時代を振り返り現代の子孫も眺める

「2015年4月以降、新車登録から13年以上経ったガソリン車は自動車税の割り増し幅が10%から15%へ」と、古いクルマに冷や水を浴びせるひどい報せ。ならば敢えて問いたい。新しければいいのか?と。ペキペキとしたデザインのどこが悪い? モーターなしは罪なのか? カセットデッキ付きは悪か?バブル世代の方々!挙手してください!良かったですよね?あのころのガイシャ。それを証拠に現在でも現役の銘柄がゴロゴロしているじゃないですか。そこで今回はニッポンが浮かれまくっていた時代に輸入され、いつの間にか「お馴染み」となったクルマを振り返ると同時に、子孫となったクルマたちを眺め「オレ、元ヤンエグ。まだ24時間戦える」と再び勇気を持ち始める方を増やしたいと考えております。2回シリーズです。

「六本木」が枕詞

BMW 3シリーズ

ベタと言われても紹介せざるを得ないのがこのクルマ。あのころを知らない世代でも知っている「六本木のカローラ」のフレーズ。真偽のほどはわからないけれど、六本木のディスコ前ではカローラのように溢れていたという。パパのマークIIやクラウンではオンナが釣れない、ポルシェでは過剰、という機運の中でもてはやされた「ちょうどいいサイズのBMW」。 マジメなドイツ人にしてみれば、吹け上がりのいい自慢のエンジンを軽快なハンドリングで楽しむにはこのサイズだろうと決めただけのこと。オンナをナンパするのに大人気なんですよ、なんて声がミュンヘンに届いたら、2mの茹でたて極太ソーセージ(バジル)でチャラい男どもを次々となぎ倒していただろう。しかし、フラれた男の数だけニッポンにBMWが普及し、今でも変わらずあのハンドリングを味わえるのだから感謝しなくちゃいけない。

  • BMW 320i(1989年1月モデル)
    全長×全幅×全高=4325×1645×1380mm ホイールベース= 2570mm 車両重量= 1210kg 駆動方式=FR エンジン=1990cc 直列6気筒SOHC 最高出力=129ps(95kW)/6000rpm 最大トルク=16.7kg・m(163.8N・m)/4300rpm トランスミッション=4速AT タイヤサイズ= 195/65R14 使用燃料=レギュラー
  • 当時のモノと比べる

    当時の価格(1989年)
    3,980,000
    (320iセダン)
    競合する日本車の価格
    2,439,000
    (マークIIグランデ・ツインカム24)
    モノの価格(1989年)
    タクシー初乗り:470

およそ25年後の子孫たちを選ぶ

当時の新車価格で買えるBMWは? 支払総額400万円前後の3シリーズ(ツーリングを含む)と派生車種X3の中古車を探してみました。
  • BMW 3シリーズ

    名前は同じでも中身の変貌ぶりは目を見張るばかり。並べてみると親と子ほどにサイズが違う。けれどもBMWであることは一目瞭然。インテリアに目を向けてもドライバー中心の設計思想に一貫性を感じる。使用されている書体すら変わっていないのはすでにあのとき完成の域に達していた証拠か。代を重ね、大きくなったとはいえ今でもなおスポーツセダンのお手本として君臨しているのはさすが。気付くと欲しくなり、自分だったらどの仕様がいいか悶々としてしまう1台。
    BMW 320i(2014年8月モデル)
    全長×全幅×全高=4625×1800×1440mm ホイールベース= 2810mm 車両重量=1480kg 駆動方式=FR エンジン=1997cc 直列4気筒DOHCターボ 最高出力=184ps(135kW)/5000rpm 最大トルク=27.5kg・m(270N・m)/1250~4500rpm トランスミッション=8速AT タイヤサイズ= 205/60R16 JC08モード燃費=16.0 km/L 使用燃料=ハイオク 車両本体価格=483.0万円(新車時)
  • BMW X3

    パジェロやランクルが世の中に認知され「営林署のクルマ」から行き先を都会へ舵を切り始めたあのころ。21世紀がこんなことになるなんてまったく想像しなかっただろう。SUVがモテグルマになりBMWがヨンクを作る未来があるってことを。かつてブイブイ言わせていた世代にもうれしい乗り降りのしやすさと広い視界。BMWの真骨頂、キレ味鋭い走りを背高フォルムでも実現しているのは自称SAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)のプライドがなせる技。
    BMW X3 xDrive 20i(2014年6月モデル)
    全長×全幅×全高=4665×1880×1675mm ホイールベース= 2810mm 車両重量=1850kg 駆動方式=4WD エンジン=1997cc 直列4気筒DOHCターボ 最高出力=184ps(135kW)/5000rpm 最大トルク=27.5kg・m(270N・m)/1250~4500rpm トランスミッション=8速AT タイヤサイズ=225/60R17 JC08モード燃費= 13.4km/L 使用燃料=ハイオク 車両本体価格=579.0万円(新車時)

今も昔も成功の象徴

フェラーリ テスタロッサ

スーパーカーブームの洗礼を受けた少年にとって、フェラーリは「宇宙船」と同義に思えるぐらいの遠い存在である。目撃するだけでもご利益モノのあの跳ね馬を所有できる時代が来るなんて考えてもみなかっただろう。しかし世は恐いモノなしのバブル。 ディーノや512BBにあこがれていた少年が大人になり、財をなした末にご褒美として「たった」2,580万円でこの"赤アタマ"を購入した逸話などいくつも存在していた。1988年、創設者エンツォ・フェラーリが死去したこともあり、世界的に価格が高騰。プレミアがついた末、5000万円近くで取引されたこともザラだったという。

  • フェラーリ テスタロッサ(1991年4月モデル)
    全長×全幅×全高=4510×1970×1160mm ホイールベース= 2550mm 車両重量= 1660kg 駆動方式=MR エンジン= 4943cc V型12気筒DOHC 最高出力=380ps(289kw)/5750rpm 最大トルク= 48.0kg・m(470N・m)/4500rpm トランスミッション=5速MT タイヤサイズ= 255/50ZR16 使用燃料=ハイオク
  • 当時のモノと比べる

    当時の価格(1989年)
    25,800,000
    (テスタロッサ)
    競合する日本車の価格
    4,250,000円(日産フェアレディZ 300ZXツインターボ 2シーター・Tバールーフ)
    モノの価格(1989年)
    新幹線のぞみ:6,090

およそ25年後の子孫たちを選ぶ

バリエーション増加で目撃する機会が増えてもありがたみは同じ。あのときと同じおよそ2,600万円前後のフェラーリの中古車を探してみました。
  • フェラーリ 458イタリア

    まるでオリンピックアスリートが履くシューズのようにムダがないフォルムはおなじみピニンファリーナによるもの。インテリアに目をやれば、あのころにはおなじみだったシフトレバーが鎮座するアルミの平野はなく、ざっくり切られたシフトゲートの代わりにスマートなシフト「ボタン」が付いた土手があるだけ。操作はステアリングを握ったままで、という洗練ぶりに時代の流れを感じる。レーシーで精密なドライビングが楽しめる武闘派のフェラーリをお望みの方へ。
    フェラーリ 458イタリア(2010年3月モデル)
    全長×全幅×全高=4527×1937×1213mm ホイールベース= 2650mm 車両重量=1380kg 駆動方式=MR エンジン=4499cc V型8気筒DOHC 最高出力=570ps(419kW)/9000rpm 最大トルク=55.1kg・m(540N・m)/6000rpm トランスミッション=7速AT タイヤサイズ= 235/35 ZR20(前)・295/35 ZR20(後) JC08モード燃費=- km/L 使用燃料=ハイオク 車両本体価格=2,830.0万円(新車時)
  • フェラーリFF

    名前を見慣れた今でもなお「FFかよ!?」と軽く驚いてしまう癖がなかなか抜けないのが困る。正式名称「フェラーリ・フォー」。マラネロの皆様、フラッグシップに相応しいネーミングの再考をお願いします。ともあれあのフェラーリが史上初めてヨンクに手をかけたこのクルマ。V型12気筒エンジン&前後の正しい重量バランスという難題をクリアするのも大変なのに、4人のオトナを乗せる困難も解決するストイックさはどうだろう。ロングルーフスタイルも独特の迫力だ。
    フェラーリ FF(2011年7月モデル)
    全長×全幅×全高=4907×1953×1379mm ホイールベース= 2990mm 車両重量= 1790kg 駆動方式=4WD エンジン=6262cc V型12気筒DOHC 最高出力=660ps(502kW)/8000rpm 最大トルク=69.6kg・m(683N・m)/6000rpm トランスミッション=7速AT タイヤサイズ= 245/35ZR20(前)・295/35ZR20(後) JC08モード燃費=- km/L 使用燃料=ハイオク 車両本体価格=3,200.0万円(新車時)

バブル的ハズし技

ボルボ 240エステート

「帝人ボルボ」をご存じだろうか? 特撮モノのロボットを思わせるこの名称、合成繊維メーカー「帝人」の社長がボルボを愛するあまり70年代に作った輸入総代理店の名前なのである(※1986年に営業譲渡)。こんな人生ゲームみたいな話が繰り広げられていた時期から結局20年近く粛々と作られていたのがこの「240」である。今でも「お医者さんが乗るクルマ」と言うオジサンがいるほど堅実で清廉なボルボにバブルって!?と思われるかもしれない。しかしそこは「逆に~」の発想である。ハズし技としてカタカナ商売の人々にウケたのだ。「コベンツ・ビーエム」の逆手を取り、四角くて無骨なのが"逆に"カッコいいというやつ。今でも連綿と続く「逆に~」の始まりの話だ。

  • ボルボ 240エステートGL(1991年10月モデル)
    全長×全幅×全高=4785×1715×1475mm ホイールベース= 2650mm 車両重量= 1390kg 駆動方式=FR エンジン=2316cc 直列4気筒SOHC 最高出力=115ps(85kW)/5400rpm 最大トルク= 18.9kg・m(185.3N・m)/2750rpm トランスミッション=4速AT タイヤサイズ= 185/R14 使用燃料=レギュラー
  • 当時のモノと比べる

    当時の価格(1989年)
    4,180,000
    (GL)
    競合する日本車の価格
    2,390,000
    (スバル レガシィVZエアサス)
    モノの価格(1989年)
    週刊少年ジャンプ:180

およそ25年後の子孫たちを選ぶ

「走るレンガ」と呼ばれるほど四角かったボルボ。カタチこそ変われど貫く思想に変わりなし。支払総額420万円前後のボルボをざくっと紹介。
  • ボルボV60

    安全・無骨で正直、実用一点張りだったあのころから「魅せる」ことにヨロコビを見せはじめた最近のボルボ。軟派になったかと言えばそんなことはまったくない。使いやすさもさらに洗練され、安全装備にもぬかりなく正常に進化を遂げている。長く使い続ける相棒としての実力に変わりはない。いち早くダウンサイジングターボの思想を取り入れ実用化していた成果が実り、240より重くなったボディをわずか1.6Lターボで動かすのだから頼りがいがあるというものである。
    ボルボV60 T4 Rデザイン(2012年8月モデル)
    全長×全幅×全高=4630×1865×1480mm ホイールベース= 2775mm 車両重量=1560kg 駆動方式=FF エンジン=1595cc 直列4気筒DOHCターボ 最高出力= 180ps(132kW)/5700rpm 最大トルク=24.5kg・m(240N・m)/1600~5000rpm トランスミッション=6速AT タイヤサイズ= 235/40R18 JC08モード燃費=13.6 km/L 使用燃料=ハイオク 車両本体価格=479.0万円(新車時)
  • ボルボXC60

    SUVが世界的にもてはやされているらしい。ならば我々も、と思ったかどうかはわからないがボルボが初めて市場に投じたプレミアムクロスオーバーSUVがこのXC(クロスカントリー)。あの優等生もついに遊びを覚えたか…!と思ったものだ。今や絶滅の危機に瀕している直列6気筒エンジン搭載のグレード(T6 AWD)が存在するのはとても貴重。昨今、当たり前になりつつある"ぶつからない技術"自動安全ブレーキを日本で初認可・初導入したこのクルマの功績は大きい。
    ボルボXC60 T5 Rデザイン(2012年8月モデル)
    全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm ホイールベース= 2775mm 車両重量=1790kg 駆動方式=FF エンジン=1998cc 直列4気筒DOHCターボ 最高出力=240ps(177kW)/5500rpm 最大トルク=32.6kg・m(320N・m)/1800~5000rpm トランスミッション=6速AT タイヤサイズ=255/45R20 JC08モード燃費= 9.7km/L 使用燃料=ハイオク 車両本体価格=569.0万円(新車時)

文・まとめ:YT企画:Jos/協力:クルマ生活向上委員会メンバー

まだまだ懐かし足りない?ならばクルマを探してみよう!

あなたにピッタリのクルマがきっと見つかるはず

メーカー、ブランドから中古車を探す

すべてのメーカーから中古車を探す

キーワードから中古車を探す

価格帯販売地域から中古車を探す

本体価格と販売地域から検索できます。
万円~
万円

都道府県から中古車を探す

ページトップへ

そのほかの「クルマ生活向上委員会」の記事

もっと見る