現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?

インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?
  • インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?
  • インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?
  • インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?
  • インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?
  • インフィニティ新型QX50は再び、スカイラインクロスオーバーとして日本上陸なるか?
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

インフィニティが、デトロイトショー2017で初公開したミッドサイズクロスオーバーの『QX50コンセプト』は、量産化を見越した、インフィニティの意欲作だ。

現行のQX50は、日本では『スカイラインクロスオーバー』として販売されている。ならば、新型もこの流れを継承して、日本で発売されるのだろうか?

筆者は80年代末、インフィニティがアメリカで誕生してからこれまで、約30年間に渡り、アメリカでインフィニティに触れてきた。日産本社の開発陣やデザイナー、また南カリフォルニアのNDA(日産・デザイン・アメリカ)の関係者らと意見交換したり、インタビュー取材をしたりする中で、筆者なりにインフィニティというブランドを理解しようとしてきた。

そうした筆者の肌感覚で言うと、今回の新型QX50コンセプトを、スカイラインと呼ぶのは、かなり無理があると思う。つまり、日本での販売は、スカイラインと名乗るのであれば難しいと考える。

時計の針を、今から20年ほど前に戻そう。

インフィニティが大きく飛躍したのは、2000年代初めだ。日本の『スカイライン』を、インフィニティ G35に仕立てたところ、BMW 3シリーズの対抗馬としてアメリカで大人気となった。また、クロスオーバーのFXも優美なボディ形状が人気を博した。

インフィニティはこの時期、それまでのFF(前輪駆動車)とFR(後輪駆動車)の混合販売をやめ、スポーティなFRのイメージを前面に押し出す戦略で・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します