現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > ランクルよりもデカい!アウディ史上最大のSUV、アウディQ8登場

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

ランクルよりもデカい!アウディ史上最大のSUV、アウディQ8登場

ランクルよりもデカい!アウディ史上最大のSUV、アウディQ8登場
  • ランクルよりもデカい!アウディ史上最大のSUV、アウディQ8登場
  • ランクルよりもデカい!アウディ史上最大のSUV、アウディQ8登場
  • ランクルよりもデカい!アウディ史上最大のSUV、アウディQ8登場
  • ランクルよりもデカい!アウディ史上最大のSUV、アウディQ8登場
  • ランクルよりもデカい!アウディ史上最大のSUV、アウディQ8登場
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

アウディのフルサイズSUV、「Q8コンセプト」が北米国際自動車ショー(2017年1月8日~22日)で世界初公開された。一応「コンセプト」と名乗ってはいるが、2018年の発売が決まっておりエクステリアもインテリアもほぼ量産のイメージだ。

全長5.02m×全幅2.04m×全高1.7m、ホイールベースが3mという数字を聞いても、正直ピンとこないほど、ボディ全体が引き締まって凝縮感がある。

現行の「Q3」「Q5」「Q7」がSUVの王道のデザインにアウディのテイストを施しているイメージだが、「Q8」はこれら3モデルの単なる上級というより、別物という迫力を感じる。

その理由を探してみたのだが、アウディの説明の中で、Cピラーが80年代のクワトロのイメージを踏襲、とある。そうした古き良き時代のクワトロの重厚さと、近未来の雰囲気が強いリアビューとは絶妙にマッチしているのだと思う。

インテリアは、近年のアウディが用いている、多様なグラフィックスを表示するインパネはもとより、ブラックパネルと呼ぶセンターコンソール中央、およびその上部でさまざまなディスプレイを行うようだ。他に類のないデザイン、というのが正しいだろう。

パワートレインについても、量産モデルのように詳細が発表された。3.0リッターTFSI(330kw [333馬力]・700Nm)に、モーター(100kw・330Nm)の・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します