現在位置:carview! > 編集記事 > コラム > ホンダが日本市場で大苦戦、フィット、ステップWGNのデザイン大幅変更でテコ入れ

ここから本文です
  • みんカラ つぶやく

ホンダが日本市場で大苦戦、フィット、ステップWGNのデザイン大幅変更でテコ入れ

ホンダが日本市場で大苦戦、フィット、ステップWGNのデザイン大幅変更でテコ入れ
  • ホンダが日本市場で大苦戦、フィット、ステップWGNのデザイン大幅変更でテコ入れ
  • ホンダが日本市場で大苦戦、フィット、ステップWGNのデザイン大幅変更でテコ入れ
  • ホンダが日本市場で大苦戦、フィット、ステップWGNのデザイン大幅変更でテコ入れ
  • ホンダが日本市場で大苦戦、フィット、ステップWGNのデザイン大幅変更でテコ入れ
  • ホンダが日本市場で大苦戦、フィット、ステップWGNのデザイン大幅変更でテコ入れ
※写真をクリックすると次の写真がご覧になれます

本来なら日本市場の稼ぎ頭となるべき、フィットとステップワゴンの売れ行きが伸び悩んでしまっている。なかでも厳しいのはステップワゴンで、大幅値引きしてもダメ。

「売れない理由の一つがデザイン」と八郷社長も認識しているらしい。間もなく行われるマイナーチェンジでフロントのデザインを大きく変更してくる模様。

確かにホンダのデザインは、日本のユーザーから全く評価されない状況となっている。前出のステップワゴンの場合、車内の使い勝手やエンジン性能、ハンドリングなどノア3兄弟やセレナと比べ、勝るとも劣らず。

かくいう私もステップワゴンを所有しているけれど、大きな不満なし。なのに売れ行きは超低迷している。デザインが悪いからだ。

5ナンバーサイズのミニバンは「大きく立派に見える」ことが重要だとされている。このカテゴリーの始祖といえる初代ステップワゴンも大きく見せることで成功した。なのに現行モデルを少し離れた場所から見ると、軽自動車と全く同じシルエット。

発売された直後から「売れなければデザインが原因」と口の悪い評論家から断言されたほど。

ホンダデザインの厳しさの典型例が燃料電池車『クラリティ』だ。どんなクルマでも派手なカラーリングやステッカーを貼ったレース仕様車はカッコ良く見える。

なのにクラリティときたら、どうしようもない。バランスもディテールも完全に破綻している。聞けばデザインの首脳陣が・・・(オートックワン)【続きは、以下のリンクをクリックして下さい】

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

日本最大級のクルマ情報サイト carview!

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します